夏バテに渇! 夏野菜は優秀だ!!

こんにちは 洲本接骨院 院長の西です。

本格的な夏がやってきましたね 本当に暑い・・・

新型コロナ対策でマスクが手放せませんが、マスクのせいでさらに暑く感じますよね~。

マスクをつけていると口の周辺は3~4℃体温が上がるそうです (暑

 

さて、今回は夏バテ対策として食品の効能をちょっと紹介したいと思います

 

野菜にはがありますがありますが、この旬にはすごく良い効果があります。

例えば、夏野菜には夏に必要な体を冷やす効果、取り過ぎた塩分を排出する効果などがあります。

逆に冬の野菜には体を温める効果があります。

 

で、この季節。

トマト・ピーマン・なす・ゴーヤ・枝豆・コーンEtcEtc

夏野菜

夏の野菜はカラフルで華やかですよね。

 

代表例をちょっとご紹介

☆ピーマン

ビタミンCの含有量はトマト4倍、レモンの2倍近い非常に優秀な野菜です。

ちなみにビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの合成を助け、紫外線のダメージをうけたお肌をいたわる美容に欠かせない栄養素です

また、疲労回復に欠かせないビタミンAも豊富です。まさに夏に一番活躍しそうな野菜ですね

 

☆なす

なすの紫色はポリフェノールの一種。抗酸化作用が高く、生活習慣病に効果的。

胃液の分泌を促す「コリン」というビタミンが食欲不振に効果的とされています。夏バテに効きそう!!

 

というわけで、

今回は「夏バテ解消レシピ!」

なすとピーマン

 

材料(1人分)

なす・・・・1本

ピーマン・・1.2個

豚肉・・・・50g(お好みで挽肉・豚こまなんでもOK)

調味料(料理前に小皿に混ぜておくと楽ちん!)

味噌・・・・小さじ1と1/2

酒・・・・・小さじ1

砂糖・・・・小さじ1

 

作り方は簡単

1.野菜は一口大に適当に切ります

2.豚肉を炒めます。(お好みでごま油でもOK)

3.お肉に火が通ったら、なすをいれて1~2分しんなりするまで炒めます。

4.ピーマンを投入軽く炒めます。

5.調味料を投入。出来上がり!

 

お好みで鷹の爪を入れてもいいし、醤油を追加してもOK。

調味料にだしのもとと一振りしても美味しいですよ。

夏野菜に発酵食品のお味噌で腸に優しいメニューです。