手根管症候群

なぜ?どこに行っても改善しなかった手根管症候群の痛みやしびれがたった10分の無痛整体で改善されるのか?

なぜ?どこに行っても改善しなかった手根管症候群の痛みやしびれがたった10分の無痛整体で改善されるのか?

洲本接骨院手根管症候群ページ用こんな症状にお悩みではないですか?

  • 朝起きて手を使うと激痛が走る
  • ドアノブや車のハンドルをひねると痛い
  • パソコンを使っていると手が痺れてくる
  • シップやサポーターを使っても痛みが引かない
  • 注射や手術を勧められている

矢印バナー

もし、こういった事でお困りなら

洲本接骨院にお任せ下さい!

手根管症候群の【本当の原因】を当院の無痛整体で調整していけば、あなたの体は良くなり、痛みや苦しみから解放されます。

手根管症候群とはなにか?

洲本接骨院手根管症候群ページ用手根管のイメージイラスト

手根管症候群とは、手のひらの付けの部分。いわゆる、手首の内側の部分の事を「手根管」といいます。

正中神経(せいちゅうしんけい)と9本の腱(すじのこと)、血管が通っている空間の事を言います。

この手根管の中の腱の部分が、何らかの原因で炎症を起こして腫れてしまい、一緒に走行している正中神経が圧迫されてしまうために発生するいろいろな症状の事を「手根管症候群」といいます。

「症候群」というのは、1つだけの症状ではなく、いろいろな症状が出ることを言います。

風邪を思い浮かべるとわかりやすいと思います。風邪は正式には「風邪症候群」という名前で、咳・鼻水・発熱などいろいろな症状があります。これと同じで、様々な症状があらわれます。

手根管症候群の原因は何か?

洲本接骨院手根管症候群ページ説明資料 手首の画像

手根管症候群の主な原因は、仕事やスポーツでの使いすぎです。

好発しやすいのは、中・更年期の女性ですが、妊娠中や出産後などにも好発しやすいとされています。

これらはホルモンバランスの影響を受けているとされています。

このほかにも、腎臓疾患(透析など)が有名です。

このように様々な原因が考えられ、症状もしびれや痛み、親指と人差し指で作る「OKサイン」が出来ないなど、様々なものがあります。

 

あなたの手根管症候群の症状が改善しない理由

一般的に病院や接骨院などで、手根管症候群の治療をする場合

  1. シップ
  2. 痛み止め(注射を含む)
  3. 固定
  4. 手術

だと、思います。

こういった一般的な処置を2週間以上しても改善しない場合、手首に【本当の原因】がないケースが多くあります。

実際、当院でも手術を勧められた患者様が来院されて、手術を回避できた例が少なくありません。

洲本接骨院はその場しのぎの対応ではありません。

50代の女性の方でした。

家事に仕事にと忙しく、がんばってやりきる方で、

はじめはパソコン操作の時に手首に違和感を感じる程度だったそうです。

そのうち、少し痛みが出るようになり、シップを貼って様子を見ていたそうですが、そのうちに、仕事中だけでなく、家事の最中や日常のないげない動作の時にも痛みが出るようになり、心配になった彼女は整形外科を受診されました。

そこでの診断結果は「手根管症候群」

しばらくは薬で様子をみるが、出来れば手術を受けた方が良いとの説明を受けたそうです。

2ヶ月ほどシップや薬を使いましたが痛みが引きません。

そのうち、段々と動かすことも苦痛になってきたそうで、

整形外科では手術しかないといわれ、出来れば手術は避けたいと、

以前に腰痛で通院していた当院を思い出し、相談に来られました。

 

来院時はこぶしを握るのもつらそうな感じで、検査中も顔をしかめながらでした。

検査をしてみると、手首の問題よりも「首と肘」の方が本来の原因だと判断できました。

初回の施術は説明をしながらゆっくりと15分ほど

全身の筋肉をゆるめた後に、肘の可動制限と首の可動制限を緩和する処置を行いました。

施術後、すぐにこぶしを握ったり手首を回すことが出来るようになりました。

 

シップや痛み止めで改善しなかったのは、【本当の原因】が手首になかったからです。

当院の様に、手首の問題なのに、全身を検査することは少ないと思います。

ですが、人間の体はバランスで成り立っています。

首や肘の問題が、手首の痛みを引き起こしても何の不思議もないのです。

 

いかがでしょうか?

もし、この女性が手術を受けていたら・・・・

手術を受けたのに改善されなかったと絶望されたかもしれません。

毎日、薬を飲み注射をする日々を過ごしているかもしれません。

原因が解放されないせいで、さらに悪化していたかもしれません。

 

しかし、あなたは今、手根管症候群とさよならをする方法を知りました。

 

次はあなたの番です!!

 

初回特典バナー 20名様限定

洲本接骨院電話番号 ご相談 ご予約

洲本接骨院のLINE

場合によっては受けることができないかもしれません

お断り

洲本接骨院では、根本的な改善を目指す施術をしているために、以下のような方には施術をお断りすることがあります。

・心地よいマッサージをしてほしい。(慰安・リラクゼーションの希望)

・とにかくマッサージや矯正をしてスッキリとさせてほしい

・1回ですべてを解決してほしい

・ご本人が改善させる意思のない方

上記のような方は、洲本接骨院では施術をお引き受けできませんので、他院をお探しください。

 よくある質問  

1.どれぐらいのペースで通えば良いですか?

まずは、以下のステップをご覧下さい。

ステップ説明バナー

洲本接骨院では、最初に体のゆがみを整え、内臓・筋肉・骨・関節のバランスを取り戻していき、体が改善しやすい状態に近づけていきます。

回数にして6回、期間にして3~4週間になります。

根本的に悪くなっているのではなく、一時的な疲労やケガなどであれば、初期の段階で状態は改善していきます。

1回で痛みが劇的に消えたということもよくありますが、当院では根本的な改善を念頭にしていますので、1回で体が完全に改善するという事はほぼありません。

まずは、約3~4週間6回を目安に施術を受けてみてください。

新しい身体の状態に、あなた自身が驚くことになると思います。

2.6回で必ず良くなりますか?

あくまでも、6回という回数は、体の歪みを整えて、症状を取る土台を作ることが目的になります。

6回の間に、多くの方は体が改善することを実感される事になりますが、腰椎椎間板ヘルニア・頸椎ヘルニア・変形性膝関節症・顎関節症・股関節症・脊柱管狭窄症・四十肩・五十肩など、組織の変性(損傷)が起きている場合や、めまい・頭痛・自律神経失調症などの疾患を併発している場合は、自律神経の働きが整うまでの期間も必要になってきます。

その期間は、生活習慣によっても変わりますが、最低でも3ヶ月長ければ6ヶ月という期間がかかると思ってください。

ただ痛みが取れないと言うことをいっているのではなく、あくまでも一時的な症状の緩和だけでなく根本的な改善を目指した時の期間になります。

不安なときにはいつでも施術者におたずねください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加