顎関節症

口を開けるたびに気になる音や痛み たった10分の整体で顎関節症が根本改善する方法があります

口を開けるたびに気になる音や痛み たった10分の整体で顎関節症が根本改善する方法があります

洲本接骨院顎関節症ページ用こんな症状でお悩みではありませんか? バナー

  • 口を開けるとゴキゴキ音がする
  • 口を開けると顎に痛みが走る
  • 口がゆがんでいる
  • 硬いものを咬むとほっぺたに痛みが走る
  • あくびをすると顎が外れそうで恐い

矢印画像バナー

こんな症状に悩んでいたら、洲本接骨院にお越しください。

あなたの悩みを解決する力になれると思います。

洲本接骨院は23年の経験 累計400000人以上の施術実績があります バナー

まずは顎関節症を知ろう!

顎関節症とは、

①顎に痛みが有る
②顎を動かすと音がする
③口を大きく開けられない(正常な場合、指が縦に3本入ります。)

といった3つの特徴のうち、1つ以上の症状があることです。

患者様ご本人は気づかれていないことも多いですが、このほかにも、左右どちらかの顎が動いていない・顎自体がゆがんでいる等の症状もあります。

また、状態の強弱はありますが、フェースラインの左右差があることも特徴です。

顎関節症が悪化すると・・・・

首や肩のこり

顎を動かす筋肉の多くは、首にあります。そのため、筋肉の緊張が起こり、首や肩のこりを誘発することになります。

初めのうちは、軽い肩こり程度ですが、だんだんと症状は強くなります。

頭痛

かみしめる筋肉の代表格が咬筋と呼ばれる筋肉ですが、この筋肉は側頭筋という場所に着いています。

そのため、この部分に刺激が入ると、こめかみ付近の頭痛が起きやすくなります。

フェースラインの崩れ

先ほども書きましたが、フェースラインは顎関節症の進行と共に左右差がだんだん強く大きく狂ってきます。

初期の頃は、私たちのような専門家から指摘を受けてはじめて気がつく程度のものですが、症状が悪化すると患者様ご本人がはっきりと自覚するほど大きく狂うことになります。

増え続ける顎関節症

スマホを操作する女性の写真

ある調査では、成人の46%に先ほどあげた3つの特徴のうち、1つを持つというデータがあります。

近年は、PCやスマホの利用増加と共に、その数がさらに増加傾向にあるようです。

実際に、診察時にも顎関節に問題のある患者様が増えている実感があります。

なぜでしょうか?

まず第一に、PCやスマホの操作時の姿勢の悪さが影響しているのは間違いありません。特にスマホの操作は、ストレートネックなどで話題になりますが、このような姿勢のくずれが、顎関節にも影響を及ぼしているのです。

本当に改善させるべきポイントは・・・・

顎関節症の患者様の多くは、まず歯科医の元を訪れると思います。

そして、それは決して間違いではありません。

ですが、歯科医の治療をしてもなかなか改善しないとしたら・・・・

本当の原因は別にある可能性が高くなります。

そのポイントが頸椎と内臓です。

きっと、ここまでお読みいただいた方は顎関節症の症状があると思います。そのため、分かりにくいとは思いますが、試してみてください。

①まずは背筋をまっすぐに伸ばして、口を大きく開けてみます。
②普通に開くはずです。(もしここで、指が立てに3本入らなければ顎関節症の疑いが強いです。)
内臓疲労が出ている人は、背中が丸くなります。さらに顎関節症の患者様は首がゆがんでいる人が多いですから、

③背中を丸くします。
④首を少し傾けます。
⑤この状態で口を開けてみてください。

いかがですか?ほとんどの方は口が開けにくくなったと思います。

顎を動かす筋肉は首にあります。首のひずみがあると、顎は開きにくくなるのです。そして、この状態が長く続いていることで、顎関節症になっていくわけです。

洲本接骨委の顎関節の治療で結果が出る3つの特徴バナー

① バキバキしない、体感できる技術

「だから結果が出ます」

医学は常に進化します。私が国家資格を取得した20数年前は、背骨をバキバキ鳴らす治療法が全盛期でした。もちろん、今でもそういった技術を利用している院も多いと思います。

ですが、医学は進歩し、研究され、今ではそういった痛みを伴う強い治療をしなくても、改善されていくことが証明されているのです。

洲本接骨院では、最新の技術で柔らかく触るような刺激で、患者様ご自身がからだの変化を体感できる技術を提供しています。

② 痛みのない部分まで細かく検査

「だから結果が出ます」

腰痛 20代 女性 洲本市 腰痛の検査 

例えば腰痛。普通の接骨院や整体院なら、腰の検査だけで終わりでしょう。

でも、洲本接骨院の検査は違います。なぜなら、腰痛の原因は腰だけとは限らないからです。

足に原因があるかもしれません。内臓のストレスが原因かもしれません。

痛みの根本原因を探るには、幅広く・細かな検査をする必要があるのです。

もちろん、この検査は私たち施術家だけがわかるものではいけません。患者様である、あなたにも自分の身体の変化をしっかりと認識していただく必要があるのです。

洲本接骨院では、細かい検査をするのと同時に、患者様と身体の情報の共有をできるように、解説しながら施術を行っています

③ 筋肉の調節から頭や内臓調節まで

「だから結果が出ます」

めまい 耳鳴り 頭痛 頭蓋骨調節 クラニアルテクニック

人間の身体は本当に千差万別です。

例えば腰痛
なぜ痛くなったのか? いつ痛くなるのか? 痛みの強さは?
本当に個人差が多いものです。

そんな多彩な症状に1つの技術や考え方で対応できるでしょうか?

洲本接骨院では、西洋医学である整形外科を中心に生理学・解剖学の考え方からのアプローチ方法、そして、経絡や五行説などの東洋医学の考え方からのアプローチ方法と複数の考え方から患者様1人1人の症状にあった施術法を選択して提供しています。

遠絡療法やクラニアル(頭蓋骨調整)テクニックなど、淡路島では、洲本接骨院でしか受けられない施術法も取りそろえています。

良くある質問

歯科医や口腔外科に相談しても良くならずに困っています。

ほとんどの患者様は、はじめに歯科医に相談されていると思いますが、特に問題はありません。

ただし、歯を削るなどの処置をされていると、首などが整った後に、問題が生じる事もありますので、当院にご来院を希望される場合は、そのような処置をされる前にお越しください。

放っておくと悪化しますか?

悪化します。

問題なのは、顎が開きにくいということだけにとどまらず、耳鳴り・頭痛・体のゆがみ・だるさなど、その他の症状がたくさん出てくることです。

特に耳鳴りや頭痛は、単独でもつらい症状になるので、複数に症状があると、心理的にもかなりの負担になります。早く対処しましょう。

 

 

新型コロナ対策について

コロナ対策バナー

施術料金について

初回検査料    2000円

施術料      5000円(税別)

洲本接骨院の施術料金は決してお安いと言える価格ではありません。

しかし、現在予約が取りにくい状態になるほど患者様からご支持を頂いています。

なぜなのか?

それは、丁寧な検査やカウンセリングをとおして患者様ご自身が気が付いていない体の異常や変化まで説明させていただき、施術を行い、結果を出し続けているからです。

遠くは神戸や徳島から高速道路を利用して通院される方もいらっしゃいます。

ぜひ、あなたも当院の施術を体感してみて下さい。

 

※現在、ご予約を多数頂いており、直近のご案内は難しい事が多くなっております。予めご了承のうえ、ご予約はお早めにご連絡下さい。

 

施術の流れバナー

1.問診票の記入

まず、症状や症状によってお困りのこと、今までどんな病気を経験されたのかなど、あなたのお体について問診票に記入していただきます。

5~6ページの多くの記入事項がありますが、これはあなたのお体を施術するうえで、必要最小限の設問です。

どんな事でもかまいませんので、気になること、不安に思うこと、ドンドンご記入下さい。

 

2.カウンセリング

カウンセリングの画像バナー

問診票のご記入を元により詳しいお話をお聞きします。

問診票には書きにくかった内容や症状があるせいで出来なかったこと、不安に思っている事や疑問点など、お話してもらえれば幸いです。

当院はカウンセリングによってあなたとのゴールの設定を共有することを重要視しています。

3.検査

検査の画像バナー

現在のお体の状況を把握していきます。

あなたの不調を感じている部分だけではなく、全身の検査をさせていただきます。

これによって症状の原因はもちろん、症状の程度やあなたの体の癖、使い方などを把握していきます。

4.状態説明

状態説明画像バナー

あなたの体がどうなっているのかを画像や模型などをつかってわかりやすくご説明します。

原因はもちろん、今後放っておくとどうなるのか?状態のひどさはどれほどか?どれぐらいで改善されるのか?

などを丁寧に説明させていただきます。

わからない点や不安な点などはお気軽にご質問下さい。

5.施術

施術画像バナー

目指す体の状態によってコースを提案させていただき、ご希望と体の状態に合わせながら施術を行います。

施術自体は基本的に「なにをされているのだろう?」と思うほどの軽いタッチの施術だと思いますが、体の変化をその都度お知らせしながら行います。

一部の施術は、あなたの体の状況によっては痛みを感じてしますかもしれません(健康な場合は感じません。)が、説明したうえで行いますのでご安心して下さい。

顎関節症に関する関連記事