起立性調節障害

洲本接骨院起立性調節障害TOPバナー どこに行っても改善しない起立性調節障害でお困りの方へ 朝起きられない、学校に行けない 悩んでいた起立性調節障害がたった30分の自律神経整体で改善する秘密

洲本接骨院起立性調節障害TOPバナー どこに行っても改善しない起立性調節障害でお困りの方へ 朝起きられない、学校に行けない 悩んでいた起立性調節障害がたった30分の自律神経整体で改善する秘密

洲本接骨院起立性調節障害ページ こんなお悩みはありませんか?バナー

  • 朝起きられない
  • 立ち上がろうとするとふらつく
  • 全身の倦怠感や吐き気がする
  • 夜に寝られない。寝ても何度も目が覚める
  • 学校へ行こうとすると腹痛や頭痛がする
  • 起立性調節障害と診断されたがお薬が効かない
  • 自律神経を整える治療法を探している

もし、あなたやあなたのお子様が、上記の1つにでもあてはまるなら、このままお読み下さい。

他にも症状のために毎日朝起きるのが怖くなってつらい日々になっている。

治すために飲んでいる薬も効かないし、むしろ副作用で吐き気や頭痛・腹痛が出てつらい

学校に行きたくても行けないから周りの友達と距離が開いてしまうのではないか。

と考えてしまい余計に外に出られない。

そんな状態だと体だけではなく心もつらくなりますよね。

洲本接骨院では、

【一般社団法人 自律神経整体協会 認定】

の整体法で、起立性調節障害や自律神経の乱れを改善させます。

洲本接骨院起立性調節障害ページ用 起立性調節障害はなぜおきるのか?バナー

起立性調節障害とはなにか?

起立性調節障害は、自律神経の乱れで主に循環器系の調整がうまくいかなくなる症状です。小学生から高校生の思春期の子供に出ることが多いとされています。

特徴的な症状は、立ちくらみやめまい、腹痛、頭痛、全身の倦怠感、食欲不振、朝なかなか起きられないなどです。

発症早期には「怠けている」などと誤解されることも多いため、症状がある程度進むまで気がつかず、不登校などになる割合も多いことが知られています。

4つのタイプ

起立性調節障害の症状はほかの疾患でもみられます。そのため、ほかの疾患がない事を確認する検査が必要になります。(除外診断と呼びます。)

除外診断後、「新起立試験」を行い、血圧・脈拍などに異常がある場合、起立性調節障害とされます。

起立性調節障害が現在4つのタイプが確認されていて

1.起立直後性低血圧

2.体位性頻脈症候群

3.神経調整性失神

4.遷延性起立性低血圧

(1)(2)が多く、(3)(4)は少ない傾向で、混ざってるものもあります。

起立性調節障害になるとどうなるのか?

起立性調節障害の症状の多くは、自覚症状のみの事がほとんどです。

・朝起きられない
・立ちくらみがする(特に朝)
・全身の倦怠感(特に朝)
・食欲不振
・失神
・頭痛
・腹痛
・睡眠障害
・気持ちの悪さ、吐き気

等の症状があり、一般的な医学検査(血液検査やレントゲンなど)では異常がみつからないため、「怠けている」「やる気が無い」等という本人のやる気の問題とされることも多く、心の問題ととらえられてしまいがちですが、自律神経などのトラブルによる体の病気であり、本人ががんばればどうにかなるという問題ではありません。

不安定な状態の時には、午前中は体調不良を訴えても、

・午後からは普通に活動できる
・遊ぶときには出かけられる
・ゲームや読書は出来る

など、本当に病気なのかと思える様なことも、起立性調節障害の子供にはよくみられる症状です。

洲本接骨院の自律神経整体とは何か?

起立性調節障害や自律神経の乱れが整体で解消されるのか?と疑問に思うかもしれません。

洲本接骨院が取り入れている自律神経整体は、体全体、特に筋肉や関節・内臓のバランスを整えていくことで、自律神経を正常に回復させる整体法です。

「整体」というと表現をしていますが、マッサージやバキバキする矯正などは一切行いません。触れる程度の弱い刺激を加える程度です。

自律神経整体の治療のベースとなるのは、
【量子医学】と呼ばれるもので、量子力学という物理学の考えを医学に応用したものです。

日本ではまだまだ導入が遅れていますが、医療先進国と呼ばれるヨーロッパなどでは、医師と物理学者が共同で研究している分野で、現代病と呼ばれる疾患に対する期待が大きな分野となります。

洲本接骨院の自律神経整体の施術風景の写真

バランス調整と検査法

洲本接骨院のARテスト中の写真

自律神経整体は、通常の診察と異なり、いきなり検査などは行いません。

まず最初に、患者様の身体の状態が施術が可能な状態なのか?検査できる状態なのか?を確認することから始めます。

このときの検査は、筋力テストやARテスト(腕長反射テスト)など、患者様自身の手の長さや指の筋力を利用した検査法で、300種類を超える項目を検査しながら、体のバランスが崩れてる原因を細かく探っていきます。

内臓調整

洲本接骨院の内臓調節の施術風景の写真

原因が特定されると、その原因に関する臓器や器官の働きを高め、疲労を回復する調整を行います。

例えば、砂糖の取り過ぎやアルコールの取り過ぎが原因だとすると、肝臓に何か問題があるかもしれませんし、水分不足なら腎臓にストレスがあるかもしれません。

また、「怒り」などの心のストレスは、肝臓になにか問題をだすかもしれません。

人間の体は、【心も体も1つのチーム】です。協調して働くからこそ、十分に働く事が出来ますが、バラバラでは十分な活動は出来ないのです。

自律神経整体は、検査で特定された原因に関連する臓器の働きを高める事で、自律神経の機能を回復に導いていきます。

頭蓋骨調整

洲本接骨院で行う頭蓋骨調節の施術中の写真

自律神経のおおもとは当然ですが「脳」にあります。

そして、自立神経にトラブルの出ている人の多くは、頭蓋骨が非常に硬くなっていることがわかっています。

本来、人間の頭蓋骨は柔らかく弾力に富んでいますが、体調が悪くなると、硬くなり同時に重く大きくなります。

体調が悪いときに、「頭が重い」という表現をしますが、実際に体調の悪い方の多くは頭が重くなっています。

自律神経整体では、このように重くなったり愛骨硬くなった頭蓋骨を、軽く・柔らかくすることで、本来の機能が活躍出来る環境を整えます。

洲本接骨院の電話番号 電話番号バナー ご予約 ご相談

洲本接骨院のLINE

初回特典バナー

洲本接骨院の電話番号 電話番号バナー ご予約 ご相談

洲本接骨院のLINE

洲本接骨院の施術でなぜ?改善するのか?バナー

朝起きられないなどの起立性調節障害は自律神経の不調が原因です。

自律神経の不調とは、

朝、起床と同時に交感神経が活発になり活動を開始し、夜には副交感神経が活発になり眠くなるという1日の流れが、乱れてしまった状態です。

起立性調節障害がある場合、朝活動すべき交感神経が5.6時間おくれて働き始めているとされます。

単純な生活リズムの乱れのようにも思えるかもしれませんが、ここに改善のポイントがあるのです。

 

本来、交感神経を早く活動できるようにすれば良い訳です。

ですから、多くの病院などでは

  • 症状に対する薬の処方
  • 鍼灸治療
  • 首のマッサージ

等を行っています。

しかし、これらは自律神経の乱れている部分や症状に対する施術なので、対処療法でしかなく、原因にアプローチ出来ていないのです。

不調の原因を突き止めるから解消できる

では、本来の原因とはどんなものでしょうか?

  • ケガや病気などの肉体的な問題
  • 化学物質やアレルゲンなどの環境的な問題
  • 家庭や学校でのストレスなどの感情的な問題

などがあげられます。

洲本接骨院の自律神経整体は、筋力反射テストを用いることで、本来の原因を特定し、その原因に対して直接施術を施すので、改善させることが出来るのです。

筋力反射テストの項目は300種類以上あります。

患者様によっては、これらの原因が複数ある場合もありますが、これらの1つ1つを改善する事が結果として効率的に改善させることが出来るのです。

 

自律神経整体用 初回オファーバナー

洲本接骨院電話番号 TELバナー ご予約 ご相談

洲本接骨院のLINE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加