脊柱管狭窄症

なぜ?脊柱管狭窄症の痛みやしびれが洲本接骨院の整体で改善されるにはワケがあります

なぜ?脊柱管狭窄症の痛みやしびれが洲本接骨院の整体で改善されるにはワケがあります

洲本接骨院脊柱管狭窄症ページ用お悩みはありませんか?

  • 10分ほど歩くと腰や足に痛みが出る
  • 休むとましになるが、腰と足の痛みがつらい
  • 腰を反らせると痛みが強くなる
  • だんだん体がゆがんできた
  • このまま治らないと日常生活がつらすぎると感じている

脊柱管狭窄症のはじめの症状は、歩くほどにだんだんと腰や足に痛みが出るけれど、休むとまた歩けるようになるというのが特徴です。
そして、だんだんと歩く距離が短くなってきます。

このまま、痛みやしびれとつきあうしかないのか...?
仕事のつらいし、これから先、働くことができなかったらどうしよう?
孫とも遊べなし、どこにも行けなくなるのではないか....

本当に不安でつらいことだと思います。

脊柱管狭窄症って?

脊柱管狭窄説明図 洲本接骨院脊柱管狭窄症ページ用説明資料

脊柱管とは、背骨の中の神経の通り道のことで、この部分に【何らかの】影響で狭くなったのが脊柱管狭窄症です。

【何らかの】というのは、1つの原因ではなく、いくつかの原因があり、個人差もあるということです。

図を見てもらえるとわかりやすいですが、椎間板が変形しているところもあれば、背骨がずれているところもあります。

特徴は、続けて歩くことがつらくなって、休息するとまた歩ける。という、歩く休むを繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状です。

また、腰痛そのものは強くなく、休息中は症状が出ない。背中を伸ばしているよりも前屈みが楽。という特徴を持ちます。

50代後半からの方が多いため、年のせいだからなど、年齢を理由にすることも多い症状です。

あなたの脊柱管狭窄症が改善しない3つの理由バナー

1.対処療法ばかり受けている

マッサージされる女性写真 洲本接骨院脊柱管狭窄症ページ用説明資料

多くの病院や接骨院では、電気をあてたりマッサージをしたり、患者様の症状ではなく、画像診断を元にした対処療法しか行っていない場合が多いようです。

別に対処療法が悪いわけではありません。痛みの強い症状のままでは、検査も十分にできませんので、症状を緩和することは大切なことです。

しかし、いくつもの研究で、脊柱管の狭窄だけで痛みが出ることはないという報告がなされ、医療先進国では、複合的に対処することが望まれています。

洲本接骨院でも、患部の痛みはその場所で反応しているだけで、痛みやしびれを引き起こす本当の原因は別の場所にあるという考えをしていますので、対処療法はごく一部しか行っていません。

2.本当の原因を考えていない

脊柱管狭窄症の症状の多くは同じような症状を示しますが、その原因は個人差が大きいことは先ほど説明しました。

ということは、当然、治療法にも個人差がなくてはいけないのですが、多くの病院や接骨院では、脊柱管狭窄症の症状に目がいきすぎて、本当の原因に目がいっていないことが多いのです。

男性の腰写真 洲本接骨院脊柱管狭窄症ページ用説明資料

本当の原因は、あなたの日常生活に大きなヒントが隠されていることが多いです。
実際に多くの患者様の例では、ご本人がまさかという場所に痛みの原因がありました。

患者様ご自身が「そういえばあのとき...」「何となくここに不調はあったけど..」と、おっしゃることや驚くことが多くあります。

そして、本当に改善する為には、あなた自身が日常生活の注意すべき点や姿勢の改善点をすることが何よりも大切になってきます。

3.マッサージでは改善されない

一番よくある例ですが、電気をあてたりマッサージをすると気持ちよかったり、楽になった感じがするものです。

実際私自身も、このような処置を患者様に行っていたことがあり、そのときに診ていた患者様の症状が改善しないことに悩んでいました。

私を信頼して毎日通院してくれる患者様のつらそうな表情に、施術家としてストレスを感じ、何とかできないのかと悩む日が多くありました。

だからこそ、多くの理論を学び、技術を取得してきたわけですが、その中でわかったことの1つが「単純なマッサージでは痛みやしびれは改善しない」ということです。

なぜ洲本接骨院の整体を受けると脊柱管狭窄症が改善するのか?

洲本接骨院 院長 西正博の写真

こんにちは、洲本接骨院 院長の西 正博です。簡単に自己紹介をさせてください。

私は平成5年に柔道整復師(接骨院の先生の正式な名称です)の国家資格を取得しました。その後、徳島県などで勉強をした後、洲本接骨院を2003年に開業しました。ありがたいことに、開業当初からたくさんの患者様にご利用いただき、今では神戸や鳴門からも患者様が通院いただくまでになりました。

なぜ、これだけ接骨院や整体院、整形外科などがあるのに、遠くの洲本接骨院に来院されるのか?

それは、洲本接骨院の理念の1つがあると思います。

それは、【患者様の苦しみに真摯に向き合うこと】
当たり前といわれれば、それまでですが、自分自身の体験からも必要なことだという思いで、がんばってきました。

試行錯誤と新しい出会い

中学生のころ、私は側彎症が発症しました。それは本当に痛くてつらい思いでした。

そのことがきっかけで、施術家の道を選び、現在に至るのですが、修行時代から、患者様の痛みを取ることを常に目標にしていました。そのために、本当に色々な勉強をしました。特に書籍はがんばって読んでいました。元々、本を読むことが好きだったこともあり、本当にたくさんの書籍を読みました。給与の大半を本に費やしていたこともあります。

洲本接骨院を開業し、患者様は徐々に増えてきます。ですが、同時にとれない症状も増えていきました。

書籍を読み返し、文献をあさり、患者様に施術する。もちろん、うまく解消されて「ありがとう」といってくれる患者様もいるのですが・・・・

それでも、症状がうまく取れない患者様がいるのは事実で、常にもがいている状態でした。

どうやったら・・・、何か良い方法が・・・、何回も書籍を確認し、試行錯誤の日々が続いていきました。正直、だんだん心が折れそうになる状態です。

そんななか、今までとは根本的に違う考えで、実績を上げている先生のことを知りました。すぐに勉強させてもらいに行きました。

今まで自分が学んできたものを全否定されている気分でした。同時にこれであの患者さんの症状も取れるかもしれないと希望がわいてきました。そこでの学びは、患者様の痛みに目を奪われ、痛い場所=悪い患部 という今までの考えが邪魔をして、本当の原因をみられていなかったことに初めて気がつきました。

学んだことを実際に患者様に使っていくと、今までとは比べものにならないほどの早さで改善していくようになりました。あれほど、悩んでいた患者様の症状もです。

今では、病院や接骨院の治療で良くならず悩んでいる方が、少しでも改善したと遠くからも洲本接骨院に来院されるようになりました。

私自身が痛みに苦しんだ経験から目標にしてきた【患者様の苦しみに真摯に向き合うこと】がようやく形になり出したのではないかと思っています。

もちろんすべての痛みや症状を改善出来るわけではありませんし、私に出来る範囲でしか有りませんが、痛みや様々な症状に悩む患者様を全力でサポートしたいと思っています。

もしも、あなたがそのような悩みがあるのであれば、どうぞ洲本接骨院へお任せください。

洲本接骨院の脊柱管狭窄症の施術で結果が出る3つの特徴バナー

① バキバキしない、体感できる技術

「だから結果が出ます」

医学は常に進化します。私が国家資格を取得した20数年前は、背骨をバキバキ鳴らす治療法が全盛期でした。もちろん、今でもそういった技術を利用している院も多いと思います。

ですが、医学は進歩し、研究され、今ではそういった痛みを伴う強い治療をしなくても、改善されていくことが証明されているのです。

洲本接骨院では、最新の技術で柔らかく触るような刺激で、患者様ご自身がからだの変化を体感できる技術を提供しています。

② 痛みのない部分まで細かく検査

「だから結果が出ます」

腰痛 20代 女性 洲本市 腰痛の検査 

例えば腰痛。普通の接骨院や整体院なら、腰の検査だけで終わりでしょう。

でも、洲本接骨院の検査は違います。なぜなら、腰痛の原因は腰だけとは限らないからです。

足に原因があるかもしれません。内臓のストレスが原因かもしれません。

痛みの根本原因を探るには、幅広く・細かな検査をする必要があるのです。

もちろん、この検査は私たち施術家だけがわかるものではいけません。患者様である、あなたにも自分の身体の変化をしっかりと認識していただく必要があるのです。

洲本接骨院では、細かい検査をするのと同時に、患者様と身体の情報の共有をできるように、解説しながら施術を行っています

③ 筋肉の調節から頭や内臓調節まで

「だから結果が出ます」

めまい 耳鳴り 頭痛 頭蓋骨調節 クラニアルテクニック

人間の身体は本当に千差万別です。

例えば腰痛
なぜ痛くなったのか? いつ痛くなるのか? 痛みの強さは?
本当に個人差が多いものです。

そんな多彩な症状に1つの技術や考え方で対応できるでしょうか?

洲本接骨院では、西洋医学である整形外科を中心に生理学・解剖学の考え方からのアプローチ方法、そして、経絡や五行説などの東洋医学の考え方からのアプローチ方法と複数の考え方から患者様1人1人の症状にあった施術法を選択して提供しています。

遠絡療法やクラニアル(頭蓋骨調整)テクニックなど、淡路島では、洲本接骨院でしか受けられない施術法も取りそろえています。

初回特典バナー 20名様限定

洲本接骨院電話番号 ご相談 ご予約

洲本接骨院のLINE

洲本接骨院で脊柱管狭窄症の施術を受けた患者様お喜びの声 バナー

希望が持てるようになりました

アンケート用紙

腰痛は30年ほど前からですが、最近は20歩ほど歩いたら腰を固められて、ドーンとものを乗せられたようになり、腰を伸ばすことも出来ずに、ちぎれるように痛いのを我慢して歩いても前にかがんでいて歩けなくなってきた。

少しでも楽になれたらと思い受診しました。

施術を受けてまだ4回目ですが、

1~2回 少し腰が楽になったかな?

3回目
・100歩目ぐらいで少し痛みを感じたが、腰が固まるようになるまで1000歩も歩けた!!
うれしいというか驚きました。こんなに歩けたのは1回だけですが...
100歩ぐらいは歩けるようになりました。
・車の運転中、いつも痛かった腰が、1分ぐらいで全然痛くなくなり、ルームミラーの位置も今まで通りでは見にくいのであげました。
・正座が1分も出来なかったのが30分はOK
・背中を伸ばしたら痛みが和らぐようになった

4回目
両かかとをつけて立てるようになった。1分ほど
施術の次の日はいつも調子がいいです。
毎日午前中は田んぼに行っています。
午後は立っても座っても腰が痛いので、時々横になっています。
だんだん歩けなくなって、寝たきりになっていくのではと不安な毎日でしたが、この調子だと友達と一緒にウォーキングも出来るようになるような気がして、希望を持てるようになりました。
先生に感謝感謝です。これからもどうぞよろしくお願いします。

*この方はこの後、ディズニーランドにお孫さんと一緒にいけたと喜んでいただけました。

南あわじ市 70代 女性 腰痛

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1日目で痛みが取れました

アンケート用紙

日頃から運動とか好きで、まさか自分が骨折など。。。

自身もあったのですが、3月に腰を骨折して以降

骨が弱くなっていると治療を受けていたのですが、

腰のにぶい痛みが取れず、洲本接骨院に通院しました。

まず、1日目で今までの痛みが取れ、仕事もできるようになりました。

少しは年齢のせいかとあきらめていた所もあったので、とても、うれしく思っています。

南あわじ市 60代 女性 腰痛

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

しびれがなくなった

アンケート用紙

今日は初めての治療で緊張しましたが、他の病院とは違ったやり方で、おどろきました。

今、治療が終わったばかりですが、しびれがなくなって良かったです。

これから通うたびに良くなっていくと思うと楽しみです。

南あわじ市 50代 女性 肩の痛み 五十肩 腰痛

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

気持ちよかった

アンケート用紙

はじめてなので少し不安でしたが、先生の説明で腰が悪いものと思っていたのが、足首とのこと。

体についての説明で、納得できました。痛みは少しマシになったと感じますが、まだ残っているので続けたく思うのと、施術は気持ちよかった。

洲本市 50代 女性 腰痛

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

初回特典バナー 20名様限定

洲本接骨院電話番号 ご相談 ご予約

洲本接骨院のLINE

場合によっては受けることができないかもしれません

お断り

洲本接骨院では、根本的な改善を目指す施術をしているために、以下のような方には施術をお断りすることがあります。

・心地よいマッサージをしてほしい。(慰安・リラクゼーションの希望)

・とにかくマッサージや矯正をしてスッキリとさせてほしい

・1回ですべてを解決してほしい

・ご本人が改善させる意思のない方

上記のような方は、洲本接骨院では施術をお引き受けできませんので、他院をお探しください。

よくある質問

健康保険は利用できますか?

利用できる場合もあります。

例えば、元々脊柱管狭窄症の症状をお持ちの方が、ぎっくり腰になった等の場合は、ぎっくり腰の治療の過程で、必要な処置はしていきます。
ただし、この場合はあくまでぎっくり腰の治療ですので、脊柱管狭窄症の症状はそれほど改善するわけではありません。

基本的に脊柱管狭窄症の症状は、徐々に進行するものなので、健康保険の適用にならない場合が多いとお考えください。

どれぐらいの通院期間が必要ですか?

症状や痛みの出ている期間によって、あまりに個人差がありすぎますので、お答えはできません。

しかし、多くの例では、10回目までに痛みの消失や緩和、部分的な軽減、痛みはあるが歩く時間が延びたなど、変化の差はありますが、患者様ご自身が体感できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加