骨盤矯正の改善例 その3

1.来院時の症状・お悩み

30代 女性

初検時、2ヶ月に出産

産前7ヶ月から腰痛が有り。

肩こり、顔の歪みが気になる。

2.検査

頸椎に歪み、右後頭部に変位を確認。

右骨盤、腰部回旋に制限が有り。

顔の左側が下垂変位。

左大腰筋に脱力傾向。

3.施術

初回

内臓疲労からくる大腰筋の脱力がきっかけで、骨盤の歪みが生じている状態。

無痛整体と骨盤矯正を行う。

施術後、体の歪みは解消。骨盤・後頭骨の歪みは改善。

 

4回目(初回から1ヶ月)

肩こりが若干。

内臓疲労が強めに認められ、夏バテ傾向がうかがえる状態。

無痛整体、内臓調節にて対応。

施術後、体調改善傾向。

 

10回目(初回から4ヶ月)

体調は良好であったが、乳腺炎が発症。

倦怠感がある状態。

関節可動域検査で、ほぼ問題なし。

骨盤矯正と内臓調整を行う。

 

体調は良好。経過観察後、3週間に1回のメンテナンス施術に移行

4.解説

出産前から腰痛が有り、体調不良の原因があった方の改善例です。

体のひずみがある状態で妊娠をすると、妊娠中期以降お腹が前方に張り出すに従い、体の軸が前方に移動していく過程で、強い腰痛を出すことが多くあります。

特に7・8ヶ月ぐらいになると、腰痛の頻度は高くなります。

今回の例はそういった方でした。

今回の例は出産予定日よりも2ヶ月ほど早く出産にされ、体調が優れない状態でした。

無痛整体と内臓調整を行う事で、体調の改善をはかることができ、4回目には、ほぼ体調は妊娠前の段階に戻すことができました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加