股関節痛の改善例

1.来院時の症状・お悩み

18歳 男性

1ヶ月ほど前の高校の球技大会後に左股関節に痛みがでた。

2月ほど前に左股関節部の手術をしているので、それが原因かもと思っているが、

担当の先生からは問題がないと説明を受ける。

球技大会でも捻ったり痛くなった感じはなかったので、痛みが続く理由がわからないとのこと

 

2.検査

左股関節に可動制限は確認

本人は痛みはないとのこと

手術痕をTL検査。

可動制限は解消。手術の傷がひずみを生んでいることが今回の原因

3.施術

初回

手術痕の処置をするために、ベースとなる施術をして、手術痕の反応を高める。

処置後痛みは 10 → 0

本人もお母さんもびっくりされていた。

 

3回目(初回から1ヶ月後)

運動時の違和感や痛みはなし

可動検査でも問題点はなし。

今回で治癒

4.解説

手術痕が原因で体の痛みが出る事があります。

洲本接骨院の患者様でも原因不明で悩んでいた痛みの原因が10年前の手術痕だったという例や子供の頃のキズが原因で20年後に痛み出てくるという事もありました。

今回もそんな例です。

球技大会が原因かな?と思いそうですが、検査をしていくと全く違う原因を見つけることがあります。

今回は実質2回の施術で完全に痛みを解消出来て良かったです。

問題が浅いうちは解消までの時間も少なくてすみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加