ぎっくり腰の改善例 その5

1.来院時の症状・お悩み

50代 男性

来院の朝、起床直後に、犬をベットから下ろそうとして、腰に電気が走り、その後痛くて真っ直ぐに立てない。歩行時に足を引きずる。

痛みがだんだん強くなってきているので何とかしてほしい

2.検査

正常歩行、正常立位が不能

回旋運動、FNSテスト(+)、SLRテスト(+)

左腰部から臀部に腫脹が認められ、押圧痛あり。

 

3.施術

初回

骨盤調整とMTSテクニックにて初期の炎症反応を抑える処置

施術後、正常歩行及び立位が可能になる。

 

2回目(初回の翌日)

左臀部に痛みが残るが、日常的な生活に支障はなし

検査をすると左梨状筋に炎症反応

初回と同じ処置後、テーピングにて固定

 

3回目(初回から3日目)

疼痛はまったくなし。

日常生活に支障はなし。

今後の注意点を説明後、終了。

 

4.解説

典型的なぎっくり腰の例です。

受傷直後に来院されたことで、処置が早くでき、男性で、筋力もある方だったので、通常よりも早く改善できました。

受傷直後の処置の重要性を再認識する例でした。