ぎっくり腰の改善例 その3

1.来院時の症状・お悩み

40代 男性

荷物持った瞬間に腰に強い痛みが出て、まっすぐに歩けない

2.検査

FNSテスト (-)

SLRテスト (-)

神経圧のテストでは反応はないが、腰部回旋、前屈位では通常可動域の半分に満たない状態。

押圧痛は強い。

3.施術

初回

痛みが強いため、はじめに症状を緩和するために骨盤調整。

その後、筋肉の調整を行う。

施術後、前屈位・後屈位が正常範囲で可能になる。

前屈をしたときの痛みが残る。

テーピング固定。

 

3回目(初回から4日目)

日常生活にほとんど違和感なし

前屈位や重い荷物を持ったときに若干の痛みや違和感を感じる

骨盤調整と内臓調整を行う

施術後はほぼ疼痛は解消。

テーピング固定中止

 

症状が良好になったことから通院間隔を開けながら経過観察

4.解説

典型的なぎっくり腰の例です。

痛みが強く、回旋運動や前屈運動が不能な状態でしたが、受傷直後に来られたことから、

処置が早くスムーズに行えたので、症状も劇的に改善しました。

初期対応の重要性を示す例です。