ぎっくり腰の改善例 その4

1.来院時の症状・お悩み

40代 女性

朝起きると腰に違和感。洗面中に急な痛みの出現

腰を捻ると痛みがあり、じっとしていても右腰に痛みがある。

2.検査

腰部回旋に左右とも可動制限有り

屈曲(前屈み)の状態で強い痛み有り。

右に痛みがあるとの事だが、押圧痛は左に有り。

座位での可動検査で、ほぼすべての検査で問題あり。

3.施術

初回

痛みが強いため、無痛整体で疼痛を緩和することからスタート

施術後ほぼ症状緩和。

若干の運動痛が残るため、再度検査をすると左腎臓・肝臓に疲労の症状を確認

内臓調整を行う。

施術後、残っていた運動痛も改善

 

2回目(初回から3日目)

左腰・左股関節に痛みがでる。

初回とは全く反対の現象。

運動痛等は無し。

無痛整体及び内臓調整で対応

施術後、疼痛は無し

 

症状はほぼ改善の為、経過観察に移行

4.解説

今回の例は内臓疲労は原因のぎっくり腰です。

ぎっくりの腰の場合、

①内臓疲労からくるタイプ

②筋疲労からくるタイプ

に大別できますが、今回の例は内臓疲労型の代表例でした。

特徴は、筋肉の調節や細かい補助をしなくても、内臓のストレスを緩和するだけで、痛みが激減します。

こういった例は、対応を間違って筋肉にアプローチすると悪化するので、注意が必要です。