ぎっくり腰の発生しやすい時間帯

ぎっくり腰は月曜日に起きやすい事が統計上わかってきました。

ぎっくり腰時間帯

1週間の中で、ダントツの1位が月曜日、そして最も起きにくいのが日曜日です。

このグラフは、厚生労働省が平成16年に集計したものですが、興味深い資料です。

まずは、曜日ごとの集計

月曜日がダントツで、週末に向けて徐々に減少していきます。

いろいろな意見があるようですが、休日に弛緩している状態から、急に負担がかかることで、

症状が発生しているという意見が多いようです。

右側のグラフは時間帯別

午前8時から11時ぐらいに全体の40%が集中しています。

もう1つの山が、お昼休みを挟んでの時間帯です。

どちらの時間帯も、動き始めの時間帯に起きているというのが、非常に重要です。

 

この2つのグラフから、

ぎっくり腰は休んだ後の動き始めに発生しやすいという特徴が見えてきます。

実はこれ、職業別にみて、肉体労働など、体を動かす人だけではなくて、

デスクワーク中心の方々も同じで、数値的は変化は見られませんでした。

腰痛の予防には、ラジオ体操などの準備運動をみんなですることはすごく大切かもしれません。