腰痛になったけど、整体と健康保険の違いって?

洲本接骨院では、腰痛治療の際、整体と健康保険を利用した施術を選択できます。

患者様から時々聞かれる質問なので、お答えすると

まず、健康保険の場合、

①負傷原因がはっきりしている(農作業・サッカー・バスケなど)

②負傷の日からの日数がおおむね1ヶ月程度(半年などはだめです)

③業務中のケガでないこと(国保の場合は除きます)

これらの用件を満たしておく必要があります。

スポーツや農作業が原因で痛くなって、1週間ぐらい・・等の場合は

問題なく健康保険が利用できます。

 

健康保険と整体の違い

まず、検査の段階から違います。

例えば、腰痛があるとして、ご本人から農作業中に痛くなったとお聞きしたとしましょう。

健康保険の検査では、当然ですが腰の検査のみをおこないます。

もちろんある程度の付随する部分の検査はおこないますが、細かな検査はおこないません。

整体ではどうかというと、腰以外の部分も細かく診ていきます。

内臓疲労はないか?足首や膝に問題はないか?頸椎のトラブルはないか?などなど

実は腰痛と一口に言っても、原因となる部分は本当に多岐にわたります。

そのため、整体の検査では全身のチェックを欠かさないわけです。

実際に洲本接骨院の患者様の検査でも、本当に腰部に原因のある方は、

1割ほどしかいません。大多数は腰以外の部分に本当の原因がありました。

 

次に施術ですが、

健康保険の場合は、腰を中心に施術することになります。

整体の場合、当然腰の施術はおこないますが、

検査で問題が出た内臓や頸椎、足首などの部分まで処置していきます。

 

ですので、健康保険と整体では、全く違う施術だと思っていただけると

良いと思います。

 

メリット&デメリット

整体 健康保険
改善度 早い 遅い
治療回数 少ない 多い
費用 高い 安い
その他 体全体を診るため、患者様が気づいていない

部分まで改善される

適用要件が設定されているので

その範囲内であることが必要