座っていると腰が痛くなる理由は?

腰痛治療をしている患者様からの質問で良く聞かれるものの1つが

「いすに座っていると腰が痛くなるんだけど、姿勢の問題?」

というものがあります。

実は、これは当たり前と言っていいもので、決して姿勢の問題ではありません。

 

腰にかかる負担

腰にかかる負担は、体勢によって違いますが、ほぼ計算できます。

腰の負担

体重50㎏の人を例にしてみると

まっすぐに立っているときに腰にかかる負荷は50㎏

座っているときが1.4倍の約70㎏

浅くすわって、背もたれを使わない少し前傾姿勢が1.85倍の約90㎏

つまり、腰にかかる負担は座っているときのほうが強いのです。

もともと、腰痛が発生して、筋力が低下しているときにこのような負荷がかかれば、

痛みが出やすいのは当たり前なのです。

 

少しでも負担を減らす方法

とはいっても、事務職など、座らないといけない方は多いので、

少しでも負荷を減らす座り方を紹介したいと思います。

座り方

まずは、いすの準備をしましょう。

いすの高さは、足首と膝がそれぞれ90°の直角になるような高さです。

準備ができたら深く腰掛けます。

このときに、しっかりと背もたれが当たるまで深く腰掛けてください。

これがもう1つのポイントです。

図のような姿勢が腰の負担を減らす座り方になります。