生理痛はなぜ起きるのか? 内臓との関係その1

そもそも論として、生理痛はなぜ起きるのか?

ホルモンバランス、年齢、体の歪み・・・・

理由はいろいろありそうで、どれもがもっともらしい理由に思えますよね。

 

洲本接骨院で考える生理痛の起きる仕組みはHPに記載しているので読んでほしいのですが、その上で、内臓との関係を少し説明していきたいと思います。

 

実は生理痛がある人の多くは、肝臓に疲労の症状がある人が圧倒的に多いのです。

内臓

肝臓は体に中央に直角三角形の形をしてあります。大きい方が右側にあります。

図ではちょうど中央の紫色の臓器が肝臓です。

で、この肝臓が、疲労すると下方向に落ちます。(下垂と言います。)

といっても、何センチも落ちるわけではありません。

しかし、数センチでも落ちたことで、体には歪みが生じ、そのことが原因で子宮の位置に変化が生じてしまうのです。

これが生理痛の原因の1つになります。

 

で、なんで肝臓は疲労するのか?

有名な例ではアルコールですが、それ以外にも砂糖、食品添加物等の食品やお薬なども影響を及ぼします。

環境も影響を及ぼします。

春の寒暖の激しい環境は肝臓の疲労を作る1つの要因でもあります。

 

特に注意が必要なものの1つが砂糖です。

日本人の砂糖の消費量は年々増加しています。

そして、この増加曲線と花粉症やアトピーの増加曲線は見事に一致しています。

それほど砂糖の体に及ぼす影響は大きいのです。

 

ちなみに、

砂糖の取り過ぎは、肝臓の疲労を作るだけでなく、脳の機能を痺れさせる性質も持っているとされます。

 

もしかしたら、生理痛のほんとうの原因は砂糖にあるのかもしれません。