生理痛と体の歪みの関係

最近患者様の相談で、生理痛の処置を求められることが増えてきました。

洲本接骨院のHPで生理痛のページを読んだ方からも、

読んでない方からも・・・・

 

で、その際良く聞かれる質問が、【 体の歪みと生理痛の関係 】

onaka

生理痛がなぜ発生するのか?という点については、洲本接骨院のHPを読んでいただくとして

( 生理痛のページ ← コチラを参照)

生理痛と体の歪みは関係するのか?というと

も・の・す・ご・く・関係しています!!

 

生理痛のある方、不妊の相談をされる方、

いずれもそうですが、検査をすると100%骨盤周辺に歪みをもたれています。

 

今日もそういった相談で診察をしていました。

患者様は高校2年生。

初潮の頃から生理痛が強くて、さらに生理不順がひどいとの事でした。

検査をしていくと・・・・

骨盤周辺の歪みはもちろんですが、

右肩や肩甲骨の可動にも運動制限が有り、左肋骨の動きも悪く、呼吸も浅い状態でした。

 

ここまで書くと、すごく特別な事を書いているようですが、

生理痛のほとんどの患者様には、

こういった体全体の歪みの症状があることがほとんどです。

 

理由はいろいろあると思うのですが、

体の歪みを改善させていくと、ほとんどの生理痛の症状は緩和されていきます。

洲本接骨院で相談を受けた患者様の多くは、3ヶ月ほどで、お薬を必要としなくなっています。

これは事実です。

 

もちろん、何らかの器質的(子宮の病気など)は無理だと思いますが、

子宮などに何も原因がない状態であれば、

体の歪みをチェックするのはとても大切な事だと思います。