めまいの改善例 その2

1.来院時の症状・お悩み

20代 女性

突然の耳鳴りと耳詰まりがでて、めまいが出るようになり、家事や育児に支障が出始めた。

耳鼻科にてメニエール病の可能性を指摘され、服薬しているが改善された感じがしないとのことで症状出現から1週間後に来院

現在は若干の発熱もあるとのこと

 

2.検査

まずは、全身の関節可動域の検査を行う。

頸部・左右肩甲骨・左右臀部・左右足首に可動制限があることを確認

左腸腰筋部に押圧痛。

 

3.施術

初回

ご本人の症状から自律神経の乱れを改善する必要があることを解説し、自律神経整体で対応することを説明。

まずは体のバランスを取ることからスタート

傾いていた体の重心を中央に持ってくるだけで、先ほどの検査で動かなかった関節が動き出すのに驚かれていました。

治療開始前のベースが整ったので、自律神経整体の検査と処置を開始

施術終了後

耳鳴り・耳詰まり・めまいがなくなったと大変驚かれていました。

初回はここで終了

 

6回目

初回から1ヶ月

耳鳴り・耳詰まり・めまい が1週間以上出ていないとのこと

検査をすると

右肘・左股・左頸部に可動制限が若干認められます。

 

1ヶ月ほど治療間隔を開けて経過観察後、問題がなければ終了予定

4.解説

今回は、原因に全く心当たりがない状態で、突然の発症。

まだ、お子様が小さいため、日常生活が普通におくれないことが非常に不安な状態でのご来院でした。

症状が出始めてから1週間と早い段階で来院されたので、施術効果も非常に早く出た例です。

全身の関節可動域は多くの部位に制限があるものの、重心バランスを取ることで、ほとんどの制限が緩和できたので施術効果も早くでたと考えられます。

初回からほぼすべての症状が緩和し、2回目以降も日常生活に支障のない極軽度なレベルの症状しか残さなかったので、非常に喜んでいただいた印象に残る例です。