交通事故の怖さ・・・

交通事故の患者様を診ていると本当に交通事故は怖いと思います。

事故直後にはたいしたことはないと思っていても、時間とともに体の痛みが出てきます。

特に怖いのがむちうち症をはじめとした、首周辺の痛みなのですが、耳鳴り・耳つまり・頭痛・吐き気・・・・

本当に大変だと思います。

洲本接骨院にも、交通事故で苦しんでいる患者さんが多く来られますが、

多くの患者様が、治療初期に間違った対応をしている事が気になります。

むちうち

 

むちうち症の対応としては初期の2週間は安静加療(患部の安定を図ることを目的とした施術です。)

3週間目から積極的な加療に移ります。

もちろん絶対ではなくて、患者様の症状や検査を通して決めていくのですが、

負傷初期にこれが守れていないで、いきなり牽引療法などをすると、その後の経過が悪くなります。

 

患者様の中には、安定が必要だとかを知らないまま、自分なりの運動をしてみたり、テレビの体操をしてみたりとするのですが、

そのことがかえって症状を悪化させていることが非常に多くあります。

 

むちうちなどを初めてとした交通事故の症状は、表面的な症状や短期的な症状で診ていると、改善しません。

検査や経験に基づいた適切な治療がすごく重要になります。

 

自分なりの治療なのではなく、検査(画像だけではなくすべての検査が大切です)を通した適切な施術を受けましょう。