座骨神経痛に湿布は効果的か?

座骨神経痛の患者様から良く聞かれる質問に

【 痛くなった時に湿布は貼っても良いですか? 】

と、いうものがあります。

湿布

 

 

一概に、コレという言い方は難しいのですが、

基本的な考え方として

上記の写真の様な、白い湿布は効果がありません。

場合によっては、座骨神経痛の症状は悪化することもあります。

というのも、この白いタイプの湿布は冷やす効果があるからです。

基本的に、座骨神経痛が出ている方は、慢性的な症状になっていることが多いので、

そういった方が体を冷やすとあまり良くはありません。

 

同じような白い湿布で、温湿布と呼ばれる温かいタイプのものがあります。

このタイプの湿布は、唐辛子の成分が入っていて、皮膚に刺激を与え、温かい感じを受けますが、

サーモグラフィーで観察すると、温湿布であっても実際には冷やしているそうです。

なので、あまり冷湿布であっても、温湿布であっても意味がないようです。

 

では、貼り薬はすべて効果がないのか?という事もありません。

湿布

写真の様な、肌色のタイプの貼り薬は、痛み止めの成分が入っているので、

座骨神経痛の人には効果的だと思います。

 

ただ、ここでも注意が必要なのですが、

モーラステープ

写真のモーラステープは、光過敏症に特に注意が必要なお薬です。

農家の方などが、この薬を張ったまま屋外で作業されると、重い副作用が現れることがあります。

痛み止めとして良く処方されるお薬ですが、安易に使用すると大変です。

ほかの方からもらったり、あげたりするのはやめましょう。

 

また、多くの痛み止めは、貼り薬も飲み薬も肝臓に強い負担を与えます。

当院の患者様でも、交通事故の後遺症で長期間、痛み止めの貼り薬を使用していて、

肝臓の数値に異常が出た方が数人いらっしゃいます。

また、薬疹等の副作用もありますので、予防的な使用は控え、本当に痛いときだけしようするように注意しましょう。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事