座骨神経痛は・・・・

お尻から足への痛みと痺れ感・・・・

座骨神経

座骨神経痛は、腰痛等から発生する代表的症状です。

良く誤解されることもあるので、改めて言いますが、

座骨神経痛は【症状】です。

風邪で言うと、鼻水や咳です。

 

もし、病院や接骨院で、

「座骨神経痛ですね・・」だけで、説明が終わっているとすると、これって

「あなた風邪をひいて鼻水出てますね・・」と言われているに等しいわけです。

 

問題なのは、座骨神経痛がなぜ出ているのか?という部分。

脊柱管狭窄症かもしれないし、

ヘルニアかもしれない。

はたまた、梨状筋症候群かもしれません。

 

座骨神経痛を改善させたければ、なにが問題なのかをよく考えないといけません。

例えば、ヘルニアが原因であれば、腰へのアプローチが大切です。

ですが、梨状筋が原因であれば、お尻にアプローチしなければいけません。

 

せっかく病院や接骨院で検査や治療を受けるのですから、

「座骨神経痛だね・・」

で、納得しないで、なんで座骨神経痛になっているのかを、きちんと確認しましょう。

 

で、座骨神経痛の痛みに対して効果的なのが、

私の経験では(あくまでも個人の考えです。)

経絡を利用した治療だと思っています。

洲本接骨院では、遠絡療法を行っています。

 

遠絡療法は

ツボに刺激を加える治療法ですが、難治性(薬が聞きにくく、症状がとれにくい)の痛みの改善の為に開発された治療法です。

私自身、何度か腰痛や神経痛の痛みが出たことがあるのですが、

自分で遠絡療法を行い、改善させてきました。

 

病院でのリハビリやお薬で改善しない神経痛があれば、

ぜひ、洲本接骨院の遠絡療法を試してみて下さい。

あ、鍼なども効果的だと思いますが、

私は個人的にハリが苦手なので

大丈夫な方だけどうぞ。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事