頭痛と天気の関係

鬱陶しい梅雨空が続くこの頃ですが、

こういう天気になると、患者様から聞かれる質問が【気象病】に関連する事柄です。

気象病といういうのは、雨や気圧の変化で体調が悪くなる事をいいますが、

コレは病名ではなく気象用語だったりします。

 

で、今回は「頭痛と天気の関係」について

ame

雨が降ると頭痛があるという患者様からの質問で、

なぜ天気が悪くなると頭痛がするのか?

というもの。

 

気象病に関する説明にもなるのですが・・・・

まず、【雨だから】

「首が痛くなる」 とか 「頭痛がする」 とか 「体が痛い」というのは誤解です。

実際に問題があるのは、雨ではなく【 気圧 】 です。

 

人間の体の中の圧力と気圧は常に【 イコール 】 の等しい関係を築いています。

外気圧が変化すると、体内圧もすぐに変化するため、健康な身体では気圧の変化を感じる事はありませんが、

体調が悪くなると、外気圧の変化に、体内圧の変化が追いつかず、時間がかかるようになります。

具体的にいうと

天候が悪くなるときには、気圧が低下します。

当然体もコレに合わせて、体内圧を下げないといけないのですが、

体調が悪いために体内圧を下げられません。

そうすると、体内圧が上がっているために神経は圧迫されることになります。

コレが「首が痛い」「頭痛がする」「体が痛い」の正体です。

逆に、天気が良くなると、外気圧が高くなり、

体の中の圧力は低下するため、神経などの圧迫は改善され楽になります。

 

ではなぜ気圧の変化に対応できなくなるのか?

いくつかの理由があるのですが、

1つが頸椎の歪み

もう1つが頭の歪み

さらに横隔膜をはじめとした内臓のストレスです。

 

片頭痛を始め、天気が悪くなったときの頭痛の原因は大まかのこの3つです。

 

逆をいえば、この3つの原因を改善できれば、頭痛とはお別れできます。