なぜ肩にこりが発生するのか?

なぜ筋肉は硬くなったままなのか?

そもそも、なんで肩の筋肉はあんなに硬くなっているのか?硬くなった状態が維持されているのか?

筋肉が運動するときには、運動神経が興奮して電気信号を送ることで硬くなるというか【縮む】

筋肉

力こぶの筋肉を想像してほしい。

実は筋肉は縮む=収縮する動きしかできない。ではなぜ伸びるのか?というと、腕の反対側の筋肉が縮むからなのです。

でも、これって一時的に運動神経が命令しているから起きる現象。

力こぶを作っていても、力を抜くと筋肉は緩むはず。本来はこれが正しい反応。

でも、肩こりはいつまでたっても筋肉が緩まず、硬いまま。

なぜでしょうか?

 

実はもう1つ。筋肉が硬く縮む現象があります。これがこりの正体

それは【エネルギー危機】

少し詳しく説明して行こうと思います。

 

筋肉の収縮を細かく見ていくと

運動神経が命令が来ると、動け!という命令を持った神経伝達物質が分泌される。

するとカルシウムが放出され、筋肉が収縮する。

で、次に筋肉が緩むにはカルシウムを取り込む(吸収)必要が出てくる。

その際、ATPと呼ばれるエネルギーが使われるんですが、このとき、血流が低下して、細胞内のATPが少なくなると、カルシウムの吸収ができなくなるわけです。そうすると、筋肉は緩むことができずに収縮したままとなって、これが発生するわけです。

 

ATPはすべての生物にある基本的なエネルギー物質。

わかりやすくいうと十分な栄養素が足りていないということです。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事