「頭が重い」は本当です。

頭痛のある患者様や頭痛の出そうな患者様が良く表現する症状の1つに

「頭が重い」

と言うものがあります。

結構口にしたり、耳にしたりしませんか?

実は、この【重い】と言うのは比喩ではなく事実なんです。

 

頭痛の原因はいくつもありますが、その代表例が【脳脊髄液】(のうせきずいえき)

 

脳脊髄液は、脳の中央部、脳室(のうしつ)という部分で作られますが、

頭痛のある方は、この脳脊髄液が、通常よりも頭に溜まっている状態なのです。

液体がいっぱい溜まっているので、当然【重く】なります。

 

頭痛のある人はこの脳脊髄液が頭に溜まりすぎて、ちょうど水風船が大きくなった状態になっているのです。

 

実際に頭も風船が膨らむように大きくなっていますし、重くもなっています。

 

多くの患者さんや医療関係者でも、頭が大きくなるなんて・・・とか、重くなるなんて・・・と疑いをもたれることも多いですが、

検査をすると事実なのがすぐにわかります。

 

【頭が重い】【頭が軽くなった】という表現は実際に、頭が重くなったり、軽くなった状態なのです。

 

頭痛がするときに、ぜひ診察にいらしてみてください。

体の変化に驚くとともに、昔の人ってすごいなって素直に思えるようになります。

 

緊張性頭痛について詳しくはこちら

緊張性頭痛

この記事に関する関連記事