肩こりが原因になりません

緊張性頭痛の患者様から一番良く聞かれる質問の1つに肩こりが原因ですよね・・・・
というものがあります。

多くの患者様は、緊張性頭痛は肩こりが原因だと思っているみたいですし、複数の書籍やホームページで頭痛の原因は肩こりというのが多いのも理由だと思いますが、肩こりは原因になりません!

これは患者様にも良く説明するのですが、肩こりは症状でしかありません。

”はぁ?どういうこと?”

って、質問がきそうなので、ちょっと詳しく説明すると、

肩こり

肩こりは【何らかの原因】があることで、肩こりという症状は出ます。

風邪を例するとわかりやすいかもしれません。風邪という原因があることで、鼻水や咳・発熱などが起きるわけです。

鼻水から次の症状へはいきません。ひどくなるとすると、風邪の状態がさらに悪化するわけです。

肩こりも同じなのです。

風邪と同じ【何らかの原因】があることで、鼻水と同じように肩こりになってるのです。

つまり、肩こりから次の症状にはいきません。

あるとすれば、【何らかの原因】がひどくなることで、頭痛が出始めるわけです。

結論として、肩こりが頭痛の原因になることはないわけです。

 

なので、いくら肩を揉んでも頭痛は改善しません。

この辺の理屈や理論がきちんとわかっていないと、頭痛を改善させることはできません。

本当に頭痛を改善させたければ、きちんとなぜ頭痛が出ているのを理解している院で施術してもらいましょう。

緊張性頭痛について詳しくはこちら

緊張性頭痛

この記事に関する関連記事