オスグットの改善例 その1

1.来院時の症状・お悩み

10代 男性

サッカーをしていて2週間ほど前から膝に痛みがある。

安静にしているとマシになるが、動くと痛みが出るとのこと。

痛みのない治療だと言うことで来院される。

2.検査

骨盤の可動域の減少

左右肩甲骨の可動域減少

水分不足から腎臓のストレスを表す大腰筋の弱化

が認められる

3.施術

初回

骨盤の左右可動域の減少

左右肩甲骨の可動域の減少

大腰筋の弱化があったため、

無痛整体と内臓調節を中心に施術を行う。

施術後は膝の屈伸などの痛みがほぼ消失

 

2回目

初回から2日後

膝の痛みはほぼ消失

右足首と踵に痛みを感じるが、膝の運動痛はなし

施術を右足首の処置に切り替えて対応

 

 

4.解説

オスグットの原因には様々なものがあるが、その中でも代表的な例が今回の様な水分不足を起因とするもの

水分が不足すると腎臓にストレスが加わり、腎臓直下にある大腰筋の弱化を招く

大腰筋の弱化は腰痛として表に出ることもあるが、股関節の変位を作ると大腿四頭筋や膝関節に負荷がかかり

オスグットなどを併発することがある

こういった場合、膝周辺の処置だけでは改善しにくいため、大腰筋の弱化を改善させる方が圧倒的に改善速度が速い

今回は無痛整体と内臓調整をすることで、弱化した大腰筋と周辺の筋バランスを素早く改善出来たことで

ほぼ初回だけで解消出来た