ヘルニアは痛くない?!

急な腰痛や強い痛みのある腰痛の場合は、患者様の多くは「ヘルニアじゃないですか?・・・」とすごく不安げに尋ねられることが多いものです。

ところが、最近の研究で「ヘルニアは痛くない」という学説というか研究があるのです。

MRI画像

これはMRI等の画像診断が容易になったことでわかり始めたのですが、

細かい数値はわかりにくくなるので、おおざっぱに説明すると、

 

例えば100人ほどの協力者を集めます。

この人たちは腰痛のある人もない人もいるわけです。

で、この人たち全員をMRIで検査をするとします。

MRIの画像診断で、明らかなヘルニア像は認められた協力者を再度集めます。

100人のうち30人ほどだと仮定しましょう。

MRIの画像で明らかにこの30人はヘルニアであることは確認されています。

研究者は当然この30人は腰痛があるだろうと予測しました。

しかし!

実際には、この30人のうち腰痛を認めたのは数人しかいなかったのです。

つまり、ヘルニアと腰痛は因果関係が否定されてしまったのです。

 

実際の数値で言うと、ヘルニアが原因の腰痛は実に3%しかないと結論づけられています。

少ないですよね・・・・

実はこの研究1995年に発表されたもので、国際的な賞も受賞した権威あるものです。

ですが、未だに日本では 【 腰痛 = ヘルニア 】 を患者様に説明している・・・・

不思議ですよね・・・・

 

実はヘルニアと言われた患者様を診察すると、ヘルニアの所見がないことが多いのです。

腰痛の原因はしっかりした検査が必要ですよね。

ヘルニアについて詳しくはこちら

ヘルニア

この記事に関する関連記事