おほめの言葉?

2017年10月1日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

朝晩が肌寒くなってきましたね。

秋が深まってるきた感じがします。

IMG_0715

昨日は神戸から来られている患者さんの治療をしていると

お褒めの言葉?をいただきました。

 

患者様曰く、

先生の治療はすごいよね。ちょっと触って痛みが取れるの

家族にもすごいんだよって話しているの

 

と、ここまではすごく嬉しいお話で、テンションも上がりますが

次の言葉が

あれはきっと手から電磁波か磁気を出してるんだろうね〜って話しているの………

IMG_0716

出してないから……電磁波も磁気も……😅

 

でも、これって結構患者様から言われるんですねよ。

 

先生、手から何出してるの?って。

 

出してないから、ほんとうに。

大事なことなのでもう一度、出してないから

というか、出せないからね。そんなもの。

 

ま、患者さんも笑いながら冗談で話されていたので、

私も苦笑しながらも、楽しく治療ができたのですが、

洲本接骨院で取り入れている治療法は、基本的に患者様からすると

”はぁ?”って思うような触り方をします。

その後の変化が大きので、患者様は”え〜”って、思われるんですね。

 

ちなみに、一般の患者様の場合は、きちんと「さわっています」が、

自律神経整体の患者様の場合は、もっと軽くて、ほとんど「ふれている」

状態です。

治療している私自身が大きな変化にびっくりすることもある位ですから

患者さんが驚くのは無理がないことだと思います。

 

でも、これってオカルトでもなんでもなくて

ものすごく科学的な治療なんですよね。実は!

 

普通にふれている治療は生理学を基にした、体の反応を利用したものですし、

自律神経整体の場合は量子医学という物理学に近い考えを利用したものです。

 

ま、難しくなってしまうので、詳しくは書きませんが、

どちらの治療もできるだけ刺激を少なくという考えを基にしています。

興味のある方には触り方を教えていますので、

機会があれば是非、私やスタッフに聞いてくださいね。

 

まだ、洲本接骨院で治療を受けたことがない方は

ぜひ一度、体験してみてください。

驚きの経験ができると思います。

 

 

 

 

 

季節の変わり目はご用心

2017年09月24日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

先週は台風が通り過ぎましたが、皆さんのおうちでは

何事もなく過ごせたでしょうか?

スタッフの家では5時間ほどの停電があり、大変だったようです。

 

さて私は、今週は芸術の秋・文化の秋を堪能しに行って来ました

IMG_0385 IMG_0389

伊奘諾神宮で行われた神楽祭りに行って来ました。

宮崎出身なのに高千穂の神楽を生でみたことなかったので、非常に

面白かったです。

 

さてさて、話はガラッと変わって、

今回のテーマは季節の変わり目にご用心

という分かりやすいテーマです。

 

9月に入り、急に季節が変わった感じがするのは皆さん感じてらっしゃると思います。

なんだか今年は秋が長い感じですよね。

こういう季節の変わり目は風邪を引きやすいというのがあります。

実際に洲本接骨院の患者さんも何人も風邪を引かれています。

 

実は、季節の変わり目の風邪は前回のブルグにも書いた腰痛とおなじ内臓の

疲労からくることが多いんですね。

風邪にまつわる内臓は脾臓です。

脾臓はリンパの親玉で、体の中では下水処理場の役割をしています(リンパは下水道)

場所的には左の腎臓のすぐ上、ということは。。。。

 

そうです。

腎臓のストレスを拾いやすいんですね。

ぎっくり腰と同じ感じですね。

 

ここまでも何回も書いているので、お気付きの方もいると思いますが、

人間の疲労は内臓からが多いです。

そして、内臓の疲労は蓄積されるとすぐに腰や背骨に出て来ます。

これが背中が丸くなった姿勢の悪さにつながります。

11.10atsumeki050

人間の体はほんとうにバランスでなりたっていることを最近特に感じます。

そして、全身の症状に単独の原因はないということを強く感じています

今回のテーマもそうなのですが、

内臓の疲労が腰を曲げる

       ↓

姿勢が悪くなって内臓をさらに圧迫する

       ↓

すると内臓がさらに疲れて、風邪などの病気を引き起こす

 

こんな感じです。

単純に重たいものを持ったとか、窓を開けて寝たとか

そういうものではないんですよね。

 

内臓の疲労が気になったら

是非、洲本接骨院の無痛整体を受けてみてください。

体の疲労が回復するのが実感できます。

 

 

夏の終わり、〇〇のシーズンの始まり

2017年09月5日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

長かった夏休みがようやく終わりましたね。

赤とんぼ

先日は、自宅前の田んぼで赤とんぼを見かけました。

夏が駆け足で過ぎ去ろうとしている感じです。

 

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は子供の夏休みに付き合って、大忙しでした。

実はこのブログ、休みの日に下書きをして、

翌日UPするようにしています。

が、夏休み中は下書きする時間が取れず、

夏休み中は更新がなかったんですね。

別にサボっていたわけではありません。

本当に忙しかったんです。

 

ま、もちろん、患者さんの治療は毎日一所懸命に頑張っていますが。

 

さて、そんなことはさておき、

夏休み中に皆さんの体調は悪くなっていないでしょうか?

最近ご来院される患者さんは、肝臓や胃腸などの消化器系の

トラブルやストレスが表面に出て来ている人が増えています。

分かりやすくいうと、【 夏バテ 】です。

 

皆さんの夏バテのイメージってどんな感じですか?

 

th_2015821mn-229

実は、夏バテには定義がありません。

早ければ6月ぐらいから、遅ければ10月ぐらいまでの

胃腸のトラブルや体の倦怠感を指すとされているだけです。

 

ただ、いくつかの研究で、胃液などの消化液が、水のがぶ飲みで

薄まったことによって、消化不良を起こし、胃腸の疲れや

それに伴う倦怠感が出ているのではと推測されています。

 

で、胃腸が疲れるとどうなるのか。。。。

 

ざっくりと大まかな説明をすると

体の右側にストレスが加わります。

と、右肩や右の骨盤が下垂します。

(人間の内臓や筋肉は疲労やストレスがたまると重力に負けて下垂します。)

 

そうすると、

体が傾きます。

傾いたままの状態では、体が歪むので、なんとか修正しようと

体は色々なところに命令を出して、修正します。

すると、無理な修正を命令された部分にストレスが働きます。

すると、さらにその部分を修正しようと。。。。。

 

と、こんな作業を体は繰り返し、ある日

”ズキッ”、”ビリッ”、”ウッ”

という感じで痛みが出るようになります。

 

そうです。

これがぎっくり腰の正体です。

タイトルの【 〇〇 】は腰痛ですね。

 

9月10月はぎっくり腰をはじめ、腰痛のシーズンの突入する時期です。

実際に、ここ数日、腰痛を訴える患者さんが増えています

 

内臓のストレスを減らすには、

十分な栄養素と十分な休息が一番です。

わかっていても取りにくいものですよね。

 

十分な休息が取れなければ、

洲本接骨院の無痛整体を受けてみてください。

洲本接骨院の整体は、内臓疲労まで回復させる治療法です。

皆さんの夏バテを解消させ、腰痛の予防に役立ちます。

 

けんこうのウンチク16 夏バテの原因は〇〇〇〇!

2017年07月11日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

tuyuzora

本格的な梅雨ですね。

九州北部の水害は本当にひどいものです。

10年ほど前の洲本の水害も、本当に被災者の方は大変そうでした。

私が九州出身であることを知っている患者さんからは、

ご心配の声をいただきましたが、幸いなことに私は九州南部

宮崎でも鹿児島との県境あたりですので、出身地には

さほどの問題はなかったようです。

 

さて、今回のテーマは【 夏バテ 】

th_2015821mn-222

九州の被災地でも熱中症などが心配されていますが、

同じような時期に多い「夏バテ」が今回のテーマです。

 

さて、夏バテの原因はいったいなんでしょうか?

mizu

実は【 水分 】なんです。

といっても、水分そのものが悪いわけではなく、

【 ガブ飲み 】

が、原因です。

暑い夏は、汗もかくし、暑いし、のども渇くし・・・・

ついつい、ゴクゴクと水分を取り過ぎてしまします。

 

水分は飲んだ方がよいのに?

ゴクゴク飲んではいけない?

 

はい、ここで疑問が出てきます。

水分は飲まないといけません。でも、ガブ飲みするとなにがいけないのだろう?

 

答えのヒントは 【 胃液 】 です。

 

 

 

 

人体には当然、水分が必要です。

でも、ガブ飲みをすると、胃液が薄まります。

この 【 胃液が薄まる 】 という事が、何回も繰り返されると

消化不良を起こし始めます。

これが夏バテのはじまり、そして原因です。

 

ま、わかりやすくいうと

消化不良が起きたことで、胃腸にストレスがたまり

段々と内臓系の力を低下させます。

と、睡眠障害※が起きます。

    ※肝臓の機能低下は寝付きを悪くし

     腎臓の機能低下は何回も目を覚まします。

これで、夏バテは完成していきます。

 

と言うわけで、

 

水分摂取をするときには、こまめにとりましょう!

 

 

 

「先生、ごめん。私も。。。。」

2017年06月30日

「先生、ごめん。私も思ってた・・・・」

 

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

 

さて今回は

患者さんから、いきなり謝罪され、びっくりした話をしていきたいと思います。

 

先日、いつも通り患者さんに挨拶をして、治療を開始しようとすると

突然、冒頭の発言が!

「???何のこと???」と思っていると、患者さんが説明してくれました。

 

この患者さんの前に、新患の男性(年配の方)の治療をしていました。

この男性患者さんは、紹介者の方から洲本接骨院の治療を聞いていて、

「そんな触っただけで痛みが取れるなんてあるわけがない。」

「魔法みたいな治療はない」

とおもっていたらしく、

はじめて治療を受けながら、自分の体がどんどん変化して、

治療の後に痛かった症状がなくなっていることにびっくりして、

紹介者の方の話が本当だったと驚かれていました。

 

で、

冒頭の患者さん。

すでに、数回洲本接骨院に通院していて、

初めて来院されたときに、待合室にある患者さんの感想文を読んで

「そんな事ないわ・・・」

「魔法とか手品とか、おおげさすぎやわ!」

とか、思っていたらしい。

で、

前出の男性患者さんの話が聞こえていたらしく。。。

 

「先生、ごめん。私もおもってた・・・」

という話につながる訳です。

 

はじめは「?」とおもっていたのですが、

お話をうかがって、「あー、なるほど!」と納得がいきました。

と、同時に苦笑してしまいました。

 

実をいうと、

この手の話は結構あったりします。

実際、私自身が現在の治療を学ぶ前は、同じような事を感じていましたから。

 

触れているだけで体が変化するわけがない!

って、思うのは実は良くわかるんですよね。

 

この技術を学んでいる自分たちでさえ、はじめは思っていたことなので

患者さんたちが思うのは、すごく当然だと思います。

 

実際、患者さんから

「知り合いに教えてあげたいんだけどね。どんな治療?って聞かれて

説明できなくって、魔法みたいって説明しといた!」

って話を聞いたこともあります。

 

洲本接骨院のホームページの動画を見た方からも

「これはヤラセか」と思われていたようなんですが、

「実際に変化するんだ!」

とびっくりされたこともあります。

 

不思議に思う方は、是非、洲本接骨院の治療を体験してみて下さい。

「百聞は一見にしかず」

っていいますから。(^_^)

 

 

 

けんこうのウンチク15 肩こりがつらい・・・・

2017年06月30日

肩こりがつらい・・・・

 

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

 

11.10atsumeki340

さて、今回のテーマは 【 肩こり 】

以前にも少しお話をしましたが、まだまだ肩こりに悩む方は多いみたいです。

で、良く聞かれるのが、「何をやっても改善しない!」

ということ。

数回前に紹介した足踏みなどをしても改善しないというわけです。

実はこのような運動しても、マッサージをしても、暖めても

「なにをやっても良くならない!!」タイプ

というのは、筋肉や骨格の問題ではありません。

 

何だと思いますか?

 

そう、神経です。

と言っても、肩周辺の神経ではありません。

【 脳神経 】 なのです。

 

分かりやすく言うと、「脳みそ」の部分ですね。

なので、肩周辺を一生懸命治療しても改善しません。

 

あ、誤解のないように言っておきますが、

脳出血や梗塞があるわけではありませんから!

脳外科などでMRI等をとっても、意味はありませんし、

脳外科の先生に怒られますよ。

そんなことしにいくと。。。。

 

なんで肩こりと脳が関係するの?

と思われる人がおおいですよね。

 

肩こりの筋肉の代表格が 【 僧帽筋 】(そうぼうきん)

と言います。

この僧帽筋の支配神経

わかりやすくいうと、僧帽筋を動かす命令を出している神経のことですね。

これが脳神経の1つ(脳神経は12個あります)

つまり、この脳神経を解放しないと僧帽筋は緊張から解放されない。

というわけです。

 

で、この神経を解放する方法が

クラニアルテクニック(頭蓋骨療法)と呼ばれるものなんですね。

 

クラニアルテクニックには、いろいろな種類がありますが、

洲本接骨院で行っているのは、その中でも2種類のテクニックを

現在は使用しています。

軽度な頭痛であれば、その場で解消可能なほど効果的なものです。

もちろん、肩こりにも効果的です。

患者さんの多くが、その場で「軽い!」とびっくりする事が多いですね。

 

クラニアルテクニックは非常に効果が多きのですが、

難点が1点!

習得が難しく、不用意に頭を触ると逆効果になるので注意が必要です。

私もセミナーに行って、講師の方から

クラニアルテクニックが使える人が少ない!

となげかれたことがあります。

 

なにをしても肩こりが解消しない!という方には

ぜひ体験してみて下さい。

 

けんこうのウンチク14 寝違いについて

2017年06月19日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

 

青空

梅雨とは名ばかりの天気の良い日が続いていますね。

先日、患者さんから梅雨には前後があって、

前半に雨が降らなくても、後半にしっかり降るんだよ

と、教えていただきました。

思わず ” へ~ ”、” ほー ”と、興味津々でウンチク話を伺いました。

やっぱり、患者さんの話はおもしろいですよね。ためになります。

 

さて、今回のテーマは

th_2015821mn-33

【 寝違い 】

について

洲本接骨院の患者さんの中には、頻繁に【 寝違い 】になる方がいます。

皆さんの周りにはいらっしゃいませんか?

 

何回か、寝違いになると気になるのが、

【 なぜ、寝違いになるのか? 】

ということ。

実際、患者さんからも良く聞かれます。

 

昔は「運です。」とか、言っていたこともありましたが、

色々と研究していくと、やっぱり内臓系のトラブルが関わっていることが

わかってきます。

 

まずは、寝違いの痛みの出ている部分

患者さんの多くは、問診の時に、首の後ろや肩に痛みを訴えますが、

実際の寝違いの痛みの原因はここではありません。

ほとんどの場合が、首の前側に原因を持っています。

 

ためしに、痛みの出ている、首の前にあるストレスをちょっと保護すると

患者さんの痛みは急激に緩和します。

ここで、患者さんは1回目のビックリを体験します。

 

でも、問題は、なぜここに痛みが出るようになったのか?

という事。

実は多くの場合が、おなかに原因があります。

といっても内蔵ではありません。

おなかの筋肉に問題が出ていることが多いのです。

 

内臓にストレスがかかることで、内臓周辺の筋肉が固くなり、

それが原因で、首の動きを制限し始めることが寝違いを

作るのです。

 

ま、内臓ストレスが原因と思ってもいいかもしれませんね。

 

治療法も簡単です。

ゆっくりと筋肉の緩みをとるだけなので、痛みもなく数分でおわりです。

 

大概の患者さんは、ここで2回目のビックリを体験されます。(^_^)

 

人間の体って本当に驚きの連続です!

 

 

健康のQ&A 健康保険と自費の違いって?

2017年06月19日

健康保険と自費治療の違いって何ですか?

 

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

梅雨とは名ばかりの晴天続きですね。

IMG_0346

昨日は朝から日々草の植え付け作業をしていました。

結構汗だくになりましたが、きれいに植えられました。

 

さて、今回の質問は 【 健康保険と自費治療の違い 】について

この質問は、以前からいただくので今回のテーマにしてみました。

 

まずは健康保険

実は接骨院で使用される健康保険と

病院で使用される健康保険は微妙に制度に違いがあります。

詳しい説明はここでは省きますが、

この違いによって、接骨院での保険適用には

①負傷原因がはっきりしていること

②労災ではないこと

③慢性でないこと

という要件があります。

例えば、ぎっくり腰ですが、

農作業中にぎっくり腰になった場合は保険適用ですが、

業務中の作業でなった場合は、健康保険ではなく、労災で治療

ということです。

(国保の方は、労働保険に加入していないので、この限りではありません)

 

肩こりや肉体疲労などは、上記の3つに該当しないので

健康保険は利用できません。

 

例えば、なんで痛みが出たのか分からない首の痛み

朝起きたら急に肩が動きにくくなっていた

等の症状は保険適用外です。

 

といっても、患者さんにとって痛いのは事実で、

早く何とかしたいものです。

ということで、利用されるのが【 自費治療 】

という事になります。

 

自費治療には制約がありませんので、

どんなテクニックを使ってもOK

健康保険利用の場合には使用できないような

技術でもバンバン使って、早く症状が改善するように

施術していきます。

 

例えば、ぎっくり腰

内臓や下半身に問題があることはわかっていても、

健康保険の範囲では、これらの症状(内臓など)へのアプローチは

どうしても制限されてしまいます。

ぶっちゃけて言うと、診てはいけません。

 

そんな時に自費治療は制限がありませんから、

しっかりと診ることが出来るんです。

 

また、改善率も自費の方が、期待出来ます。

なぜなら、体の回復をしやすい状態にしてから治療を開始するからです、

そのため、短期で症状は改善するのです。

ぎっくり腰などの場合、健康保険の場合は2週間程度の加療が必要ですが、

自費治療の場合は、早ければ数日、遅くとも1週間程度で改善していきます。

 

症状によっては、健康保険を利用して、毎日診た方が良い例もあるので

一概には言えませんが、自費治療の方が改善率が高いといえます。

 

 

 

 

 

 

 

健康のQ&A 先生、手から何か出してるの?

2017年06月4日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

初めて洲本接骨院で治療を受ける方から良く聞かれる

質問にお答えするQ&Aですが、

今回は治療中に良く聞かれる、こんな質問

 

「先生!、手から何か出してるの??」

「えっ!何したの?」

「なんで?わからん・・・・」

とか、

 

普段良く治療を受ける方からも

「何回治療受けても、不思議やわ」

「毎回思うけど、なんで、こんなんでよくなるん?」

等の言葉と質問を受ける事が多いのです。

 

というわけで、

今回は、洲本接骨院の治療の一端を少し解説したいと思います。

 

洲本接骨院で施術を受けた方は分かると思うのですが、

体中を軽く押されるような、手を置いているだけの処置をしています。

先日は、交通事故の患者さんにこの処置をしていました。

腰の回旋が出来ない方だったのですが、

腹部に手をあてて30秒ほど・・・・通常の回旋動作に回復!

「先生、手から何か出してるの?!」

という言葉をいただきました。

 

洲本接骨院の治療では、結構こういう現象が起きます。

ただ、私がゴットハンドと言うわけではありません。

洲本接骨院の治療の基本は 【 筋膜 】 の調整です。

調理をされる方は分かると思いますが、

鶏肉などに薄い白い膜のようなものがついていると思います。

あれが筋膜です。

人間の筋肉にもついているのですが、非常に薄いものです。

ただ、筋膜は非常に血液を豊富に蓄えているので、

ここにアプローチできると体は激変します。

そのため、患者さんがビックリするわけです。

 

もちろん、洲本接骨院の治療では、筋膜だけでなく、

内臓の調整なども併せて行うことで、改善率は上がるのですが、

基本のベースになる治療法の一つです。

 

ちなみに

私が患者さんからよく言われる

【 魔法みたい 】 【 魔法使い 】

等の治療法は、この治療法をベースに

もう少し高度な治療法

組み合わせているときです。

 

 

 

健康のQ&A むくみの解消法は?

2017年05月31日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

ここ最近、患者さんから頻繁に【 むくみ 】について質問を受けます。

th_2015821mn-99

質問の内容は

・なぜ、むくむのか?

・むくみの解消法は?

の、どちらかですね。

 

というわけで、まずは【 なぜ、むくむのか? 】

 

質問をされる患者さんとお話をしていると、結構な頻度で

「むくんでいるから、水分を控えているんだけど・・・・」

って感じの発言をされます。

つまり、水分の取り過ぎでむくんでいると思っているわけです。

 

皆さんは、どう思いますか?

水分が多いのでしょうか?

 

 

実際は、

真逆です。

mizufusoku

つまり、【 水分不足 】 

が、本当の原因です。

 

人間の体にとって、水分は絶対に必要なもの!

なので、水分不足になると、少しでも水分を外に出さないように

ため込もうとします。

これが【 むくみ 】の正体です。(病的なものはこれとは別です。)

 

もう少し、専門的に言うと、血中の塩分濃度の関係を説明しないと

いけないのですが、ここでは、大まかな考えだけを説明しますので

省略させていただきます。

 

となると、解消の方法は、【 しっかりと水分をとる 】 こと

 

もう一つ

足のむくみがとりたい方用の【 マッサージ法 】があるのですが、

さわるときの圧などの指導もさせていただきますので、

気になる方はご来院時にでも、お気軽に聞いて下さい。

 

1 2 3 4 5 7

洲本接骨院へのお問い合わせはこちら!

洲本接骨院電話番号:0799-25-0885

洲本接骨院電話番号:0799-25-0885

洲本接骨院

〒656-0101 兵庫県洲本市納218-3

ページのトップへ