季節の変わり目はご用心

2017年09月24日

こんにちは

腰痛改善でおなじみの洲本接骨院 院長の西です。

先週は台風が通り過ぎましたが、皆さんのおうちでは

何事もなく過ごせたでしょうか?

スタッフの家では5時間ほどの停電があり、大変だったようです。

 

さて私は、今週は芸術の秋・文化の秋を堪能しに行って来ました

IMG_0385 IMG_0389

伊奘諾神宮で行われた神楽祭りに行って来ました。

宮崎出身なのに高千穂の神楽を生でみたことなかったので、非常に

面白かったです。

 

さてさて、話はガラッと変わって、

今回のテーマは季節の変わり目にご用心

という分かりやすいテーマです。

 

9月に入り、急に季節が変わった感じがするのは皆さん感じてらっしゃると思います。

なんだか今年は秋が長い感じですよね。

こういう季節の変わり目は風邪を引きやすいというのがあります。

実際に洲本接骨院の患者さんも何人も風邪を引かれています。

 

実は、季節の変わり目の風邪は前回のブルグにも書いた腰痛とおなじ内臓の

疲労からくることが多いんですね。

風邪にまつわる内臓は脾臓です。

脾臓はリンパの親玉で、体の中では下水処理場の役割をしています(リンパは下水道)

場所的には左の腎臓のすぐ上、ということは。。。。

 

そうです。

腎臓のストレスを拾いやすいんですね。

ぎっくり腰と同じ感じですね。

 

ここまでも何回も書いているので、お気付きの方もいると思いますが、

人間の疲労は内臓からが多いです。

そして、内臓の疲労は蓄積されるとすぐに腰や背骨に出て来ます。

これが背中が丸くなった姿勢の悪さにつながります。

11.10atsumeki050

人間の体はほんとうにバランスでなりたっていることを最近特に感じます。

そして、全身の症状に単独の原因はないということを強く感じています

今回のテーマもそうなのですが、

内臓の疲労が腰を曲げる

       ↓

姿勢が悪くなって内臓をさらに圧迫する

       ↓

すると内臓がさらに疲れて、風邪などの病気を引き起こす

 

こんな感じです。

単純に重たいものを持ったとか、窓を開けて寝たとか

そういうものではないんですよね。

 

内臓の疲労が気になったら

是非、洲本接骨院の無痛整体を受けてみてください。

体の疲労が回復するのが実感できます。

 

 

洲本接骨院へのお問い合わせはこちら!

洲本接骨院電話番号:0799-25-0885

洲本接骨院電話番号:0799-25-0885

洲本接骨院

〒656-0101 兵庫県洲本市納218-3

ページのトップへ